FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告
元祖チョイ不良(わる)親父の意外なDNA
すっかりブームとなった“チョイ不良(わる)親父”の元祖は、イタリア人のジローラモさんです。  

男性ファッション誌「LEON」のモデルとして起用される時に、チョイ不良(わる)親父のイメージで売り出したので、ジローラモさんが不良だというわけではありません。

どこか不良のにおいがして、危険な香りがするけれど、ちょっといかした中年男というような設定なのだと思います。

作られたイメージが先行していたので、ジローラモさんのインタビュー記事を読んで、私はちょっと考えさせられました。

ジローラモさんは、「私はイタリア人なので、宗教がDNAにあるので、決して浮気は出来ないと思います。」と言っていました。

イタリア人のDNAにあるのは、まちがいなくカトリックなわけで、十戒に「汝、姦淫するなかれ」と書かれているから、そういう罪は犯せないというわけです。

罪という意識が、日本人にどういう風に根付いているのかと、最近よく考えます。
あまりにも残虐な、人の命をなんとも思っていないような事件が、連日ニュースになりますが、その犯罪の根底に罪の意識の欠如があると思うのです。

ちょうど今は、11月15日の七五三参りが各神社で行われていますが、日本人のDNAにある宗教は、神道なのでしょうか?

よく言われるように、神仏混交な上、信教の自由なので、基本的に神社にもお寺にも行くのが大半の日本人です。それを宗教のDNAがあるとは言えない気がします。
  
私達日本人の、古くからのしつけの言いまわしは、「そんなことをしたら罰が当たるからしてはいけない」という教え方で、「そんなことをしたら罪になるからしてはいけない」という教え方とは、根本的に違うと思います。

宗教の問題は、もちろん人それぞれなので、どれがいいとか悪いとか言うつもりは毛頭ないのですが、罪を犯してはいけないという意識を、小さいうちから植えつけないと、犯罪の残虐性が増しているように思えて仕方ありません。  

宗教と言うより、良心の問題、良識の問題ですが、そこが欠落してしまっているのが現代の悲しさです。

堂々と胸を張って、「私には宗教のDNAがあるから、浮気は出来ません」
と言えるジローラモさんは、実は“チョイ不良(わる)”から一番遠い存在の、超真面目親父なのですね!!

写真は、太宰府天満宮と大浦天主堂です。


20061014210945.jpg

20061014211004.jpg

スポンサーサイト
【2006/10/14 19:47 】 | 随筆 | コメント(0) | トラックバック(0)
<<「鉄道の日」に寄せて | ホーム | 北海道日本ハムファイターズが優勝して…まずは、第1歩を踏み出さないと!>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。