スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告
「有難う」と"Thank you." は違う!
筑波大学名誉教授の、村上和雄先生の公開講座を
拝聴する機会がありました。

人間は、35億年前の、初めての生命体からの進化の
過程を母の胎内で再現してからこの世に生まれてくるので、
「生まれる」とか、「生きる」ということを軽々しく言えたものでは
ない。
遺伝子の研究が進んでくると、人間は、60兆という数の
細胞で出来ている中に、30億の遺伝子情報が詰まっており、
それらが調和を保ちながら生命の営みを行っているので、
研究を極めればきわめるほど、生命の不思議に気付き、
「サムシング・グレート」なものによる贈り物だとしか
考えられない。

と、村上先生はおっしゃっています。

「サムシング・グレート」というのは、宗教的な言葉で語れば、
「創造主」ということになるのだろうと思います。

私は、世界中にたくさんの宗教があることを考えてみても、
人間は、やはり、太古から、自分達の力の及ばないものの
存在を認め、それを、それぞれの「神」として崇め奉って
来たのだと思います。

最近の、人の命を軽々しく扱う、残虐な事件が多発することを
考えると、もっと「サムシング・グレート」につぃて、人は考えなければ
ならないと思います。

最近の生徒さんを見ていて気になるのは、
「神様なんていませんよ」
「霊なんていませんよ」
「迷信ですよ」
と、すべてのことを否定する人が多くなっていることです。

迷信の中にも、先人の自然に対する畏敬の念が表れている
ものも、数多くありますし、無用な怪談めいた霊は否定しても、
魂が生き続けているからこそ、親や先祖に感謝しなければ
ならないことも数多くあります。

それらを、ひっくるめて、「非科学的なこと」と一刀両断に切り捨てる
ことは、如何なものかと思ってしまいます。

村上先生が、講演の終わりに、
「日本語の『有難う』と英語の"Thank You."は違う。
人間は、あり得ないぐらいの確率でこの世に生まれてくるのだから、
有ることが難しいという意味で『有難う』と言うのだ。
Thank You.とは、言葉の重みが違う。
日本人は、『もったいない』『恐れ入ります』『頂きます』
など、自然に『サムシング・グレート』に対して、慎み敬う気持ち
を表している。心の文化という面で、日本人は、リーダー的存在と
して、期待されている。」
とおっしゃっていました。

6/22に薬師寺で行われた、「薬師寺21世紀まほろば塾」でも、
生田神社の、加藤宮司が、宗教を信じていないという日本人が、
初詣でやお盆のお墓参りをしていることくぉ指摘し、
「日本人には目に見えないものに対する信仰や祈りがある」と
おっしゃったそうです。(読売新聞6/23)

日本人に本来備わっているはずの、当たり前の礼儀や挨拶の
言葉を、おろそかにした結果、今日の残虐な事件の多発や、
個人主義の横行する世の中になったのなら、もう一度、我々の
口にする「有難う」の言葉の重みだけでも、認識し直したいものです。
スポンサーサイト
【2008/06/25 13:35 】 | 日記 | コメント(0) | トラックバック(0)
<<オバマ大統領の変革に倣って | ホーム | 塾の力量>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。