FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告
自由劇場  劇団四季「壁抜け男~恋するモンマルトル~」を見て
先日、自由劇場で、劇団四季の「壁抜け男」を観劇して来ました。

自由劇場とは、元々は、Theatre-Libreと言い、フランスで、アントワーヌが創設した劇場です。そこを拠点とした自然主義的演劇運動を指すこともあります。

日本では、それを引いて、小山内薫と二代目市川左団次が起こした劇団です。それが、新劇運動の最初です。
小山内薫が築地に、新劇専門劇場を建てたのが築地小劇場です。築地小劇場の創立同人だったのが、今の自由劇場を持つ、劇団四季の浅利慶太氏の父君の、浅利鶴雄氏です。

自由劇場は、とてもレトロな、明治の西欧文化を意識して造られており、前述の新劇の歴史を踏襲したものであると思うと、とても感慨深いです。

私自身は昭和の、しかも戦後生まれですが、自由劇場のロビーやエントランスは、昔の文楽座や、中座、各地の映画館などを懐かしく思い出させてくれます。

写真は、二階ロビーより、エントランスに向かって撮ったものです。
丸い窓から、シャンデリアの明かりが、葡萄畑のように見えるというので、それを撮りました。

そこで今回上演されていたのが、フレンチミュージカルの「壁抜け男」です。
音楽も、お芝居も軽妙洒脱で、「普通の人間、平凡だけれど人生はそういうもの。人生は素敵、人生は最高!」というメッセージが込められています。

色々な障害が人生にはつきもので、それにとらわれていると、何も変わらない。だけど、そういう規制を受けている中で、平凡なようでも、人生を楽しく、素敵と思って生きれば、人生は最高だというメッセージだと、私は受け取っています。

劇場で一緒に歌いましょうと配られた楽譜です。
拡大して頂くと、どういうメロディーか、おおよその見当がつくと思います。
(作曲:ミシェル・ルグラン…「シェルブールの雨傘」の作曲者です。
日本語版台本:浅利慶太)

これからの世代の人々に、胸を張って「人生は最高よ!」と言えるように、私も生きていきたいと思います。
20061007200737.jpg

20061007223938.jpg

スポンサーサイト
【2006/10/07 20:07 】 | 随筆 | コメント(0) | トラックバック(0)
<<プロ野球 ~今シーズン終章~ | ホーム | お月見>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。