FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告
お月見
今日は、仲秋の名月で、いわゆる“お月見”をする日です。

あいにく雲が多くて、満月のきれいなのを見れたのは、ほんの束の間のことでした。
でも、お月様が雲の間から顔を出すのを、今か今かと待っているのは、わくわくして楽しく、急いで走っていく雲の合間から顔を出したのを見たら、なんとも言えない風情がありました。

まさに、徒然草の「花は盛りに、月は隈なきをのみ見るものかは。」というくだりを、実感しました。

日本人の伝統的な感性として、一点のかげりもないきれいな満月も素晴らしいし、雨模様で、雲に隠れ気味のお月様を見るのも、また趣深いととらえられます。

自分の中に、そういう美を感じる心があると再認識し、嬉しくなりました。
雲隠れの月

20061006221629.jpg

スポンサーサイト
【2006/10/06 22:19 】 | 随筆 | コメント(0) | トラックバック(0)
<<自由劇場  劇団四季「壁抜け男~恋するモンマルトル~」を見て | ホーム | 芸術の秋>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。