FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告
古典
先日、羽田健太郎さんの訃報を見て、ついこの間「題名のない音楽会」の話をここに書いたばかりだったので、とても驚きました。

羽ださんは、クラシック音楽の大衆化を目指していた方の一人として有名です。

以前、葉加瀬太郎さんのことを書いた時にも触れましたが、そもそも音楽や文学に、古典との垣根をつけることが、古典を大衆から縁遠くしている原因だと思います。

古典だと言われているものも、往時は流行のものだったり、庶民の娯楽だったりしたわけです。

大衆から離れて、音楽や文学が熟成するはずがないと私は思います。

今の教科書に載っている音楽や、小説、詩、短歌などの中に、現代の産物がたくさんあります。

古典というと、とっつきにくいイメージがありますが、実は昔から変わらない真の情が流れているので、気軽に聞いたり読んだりしたいものだと思います。
スポンサーサイト
【2007/06/09 20:19 】 | 随筆 | コメント(0) | トラックバック(0)
<<手作りの温かみ | ホーム | >>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。