スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告
やる勉強とやらされる勉強
皆さんのお子さんの「目」は生きて輝いていますか?
たまに、目が全く輝いていないお子さんを見かける時がありますが、本当にかわいそうになります。


勉強って、本当は楽しいものなのですよね。
だって、色々な知識が脳にインプットされ、その分自分自身を高めてあげることができるわけですから。
例えれば、車のチューンアップと一緒ですよね。

しかし、人の感じ方によって、勉強は非常につまらないものになります。
それは、「やる」か「やらされる」かの違いです。


タイトルの「やる勉強」は、自分から進んでする勉強です。
それに対して、「やらされる勉強」は、親御さんや先生が無理やりさせる勉強です。
これをさせられているお子さんは、残念ながら例外なく目の輝きを失っています。

また、学力、人間力についても、両者は全然違ってきます。

どちらが学力がつくか?間違いなく前者です。
自分で好奇心や探究心を持って勉強するのが一番力が付くのは間違いないと思います。

では、勉強する時の環境がどちらであれば豊かな「人間力」を持つことができるか?
これも間違いなく前者です。


だからと言って受験勉強を否定するつもりはありません。今から色々書きますが、それは勘違いなさらないで下さい。
受験勉強をするのは当然いいと思います。ただ、それはやり方にあると思います。


親御さんが「子供のため」と言って、したくもない勉強を無理矢理押し付けてしまうことも多いと聞きます。
しかしそれは本当にお子さんのためになっていますか?ただ親御さんのためだけなのではないでしょうか?
無理矢理押し付けてしまっては、お子さんの肝心な人間形成が必要な時期に、個性を伸ばせないという結果が待っています。


「頭が良い」という概念は、色々な要素を包含していて、「勉強ができる」だけが頭が良いというわけではないんですよね。
色々なことを感じ取り、吸収し、想像することで「頭」とは良くなるものだと思います。
「勉強」に偏ってしまっては、アンバランスな人間力しかつかないと思います。


それなのに、そこを勘違いされて、いい学校に合格することがゴールだ、と思ってしまっている方が多いのではないでしょうか。
ゴールはあくまで「社会生活」ですよね。

だから、例えそれでいい学校に入ったとしても、その後、社会に順応できるか…は何とも言えないと思います。


だから、受験をなさるんだったら、親御さんはお子さんとよくお話をして、本当にお子さんが受験勉強したい!という意思表示を見せてくれた時に、させてあげるべきだと思います。


私たちの基本理念にもありますが、多感な時期に、周りをよく見て色々なことを感じ取り、学ぶ作業がなされないほど恐いことはないと思っています。

我々は、社会に適応し、貢献することのできる立派な人を送り出すことが使命であるので、受験勉強される方でも生徒さんに無理矢理押し付けるような授業は絶対にしませんし、生徒さんに色々考えさせて、勉強の楽しさを教えてあげ、真に勉強が楽しい、勉強したいと思っていただけるような環境を作っています。

そうすることで受験勉強を行う際も理想的な力のつけ方ができると思いますし、同時に豊かな人間形成につながると思っています。

私たちの生徒さんは、皆目が輝いています(^O^)/
スポンサーサイト
【2010/05/17 14:42 】 | 日記 | コメント(0) | トラックバック(0)
私たちの授業を知ってもらいたい
濱田塾は、3つの教室でそれぞれ授業を行っています。

今回、それぞれの教室でどういう授業を行っているのか?ということを生徒さんに知って頂きたいと思い、入口にある仕掛けをしました。

それをするために前に作った資料なども出してきましたが、これがものすごい数なんです。


確かに、毎日授業の時間以外は、資料作りや問題作りを行っています。それが積み重なって、振り返ってみたら実はものすごい量の資料や問題を制作していたという…。
例えば、私は学校のテスト対策や受験用に、皆さんが使いやすく、分かりやすくなるように自分なりの味付けを加えてオリジナルテキストを制作することが多いですが、去年だけでも恐らく3000ページを超えるページ数のものを制作していると思います。
それは私たちの実績の証でもありますし、生徒さんの私たちへの「信頼の結晶」でもあると思います。


こうやって見てみて改めて、それだけ自分たちは色々作ってやってきたんだなぁ…と感傷に浸りながらも、自分たちのやってきたことに自信がつきました。

さすがに全部使うと果てしない枚数になるので、抜粋しましたが、これまでの濱田塾が築いてきたものが入口に表現されています。
ぜひご覧になって頂きたいです。
【2010/05/12 15:06 】 | 日記 | コメント(0) | トラックバック(0)
塾の役割
以前、ある生徒さんのお母様から、「この塾には今忘れられている師弟関係がある」という言葉を頂きました。
この一言は、私をとても勇気づけてくれる言葉だったのです。

古き良き時代を振り返るわけではありませんが、最近は本当にそのあたりの関係がドライだと思います。
他の方からお伺いしたのですが、先生が生徒さんの特徴を全く把握しておらず、面談に行って話を始める時に初めてその生徒さんについての情報を見て、取ってつけたような適当な面談をするようなこともあるそうです。

お話にならないですよね。
こんな話を聞いて情けなく思いましたし、私たちはこういうことは絶対にしてはならない、と改めて思いました。

親御さんがどんな思いをして生徒さんを預けて下さっているのか…ということを必ず心に留めておかないといけないと思います。

私たちは、生徒さんのことを十分に把握しているつもりです。
その生徒さんの性格もしっかり把握しておかないと、適切な授業やアドバイスが出来るわけないと思います。

先の記事でも書きましたが、だから、私たちはしっかり生徒さんとコミュニケーションを取ることを心がけています。
だから、有り難いことですが、生徒さんは心を開いてくださり、素の部分を皆さん出してくれます。

そのあたりが、「師弟関係」の構築にうまくつながっているのかも知れません…。

これからも、皆さんを引っ張って導いてあげられる「良い師」でありたいと思っています。
【2010/05/08 23:51 】 | 日記 | コメント(0)
熱い授業
新年度が始まって1カ月と少しが経ちましたね。
皆様、そろそろペースに慣れてこられたでしょうか?

連休があったので特に気にしていなかったのですが、気が付いたら5月ももう中旬になろうとしています(+_+)
時間をうまく使わないと、あっという間に時は過ぎて行ってしまいますよね。


さて、こういう長い休みの時期は、生徒さんの心構えが大きな差となって出てくる時期です。
有り難いことに、私のところにもほとんどの生徒さんが「授業入れて下さい!」と来て下さいました。

この間まで、塾のトップページに「熱い授業を行っています!」というメッセージを載せていました。
この「熱い」というのは、教える側である我々だけの話ではないんですよね。
「先生」と「生徒さん」が一体となって熱くなれる授業を目指しています。


授業中その場では理解した「つもり」で帰るんだけど、いざ家で問題を解いてみようとなった時に、全く解けない…。
こういうケースって、よくあると思うんですよ。
私も経験としてありました(~_~;)

これは、先生だけが盛り上がって、生徒さんが置いてけぼりになってしまう授業をしている証拠なんですよね。
もしくは、生徒さん達の間でも、他の生徒さんは盛り上がってるんだけど自分は盛り上がってないという…。
先生とか周りの雰囲気に圧倒されてしまうんです。


そんな最悪のパターンだけは絶対に作りたくないので、コミュニケーションだけはしっかり取るようにしています。
勉強に興味が湧かなければ、勉強はその人にとって「異物」になってしまって、身体が受け付けなくなってしまうので、勉強を身体が受け入れてくれるような環境を作るためにも、まずはコミュニケーションをとって楽しく!そしてしっかりと!取り組んで頂くことを目指しています。

その結果、先生と生徒さんが共に「熱く」なれるんです(*^_^*)


連休中、だらけてしまいがちな時に生徒さんがそれだけ頼って下さっているのは、生徒さんも「熱く」なってくれている裏返しだと思ってます(^O^)/

【2010/05/07 23:56 】 | 日記 | コメント(0)
| ホーム |

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。